top of page

キモノ用語辞典

あ~お

合着・あいぎ

 冬物と夏物の中間の時期に着るキモノ

揚げ・あげ

 長めに仕立てた子供のきものを、実際の寸法に合わせて背丈や裄丈を調整するための、摘み縫いの部分をいう。肩の部分にある揚げは肩揚げ、腰の部分にある揚げを腰揚げという。

後染め・あとそめ

 織りあがった白生地に後から染加工すること。

雨コート・あめこーと

 雨の日の外出時に着る、和装用の雨専用の長コートで、防水加工が施されている。

洗い張り・あらいはり

 小物の洗濯の仕上げ方のことで、解いてから洗濯する方法。

袷・あわせ

 裏をつけて縫い合わすきもののことをいう。

 裏には胴裏と八掛(裾まわし)をつける。

アンサンブル・あんさんぶる

 きものと羽織を同じ布地や柄で仕立てるもの。

行燈袴・あんどんばかま

 袴の一種で、マチのない袴のこと。

衣桁・いこう

 きものを掛ける和風の家具。

 呉服屋の陳列や展示会用などに使われる。

色留袖・いろとめそで

 黒以外の留袖の総称。

色無地・いろむじ

 黒以外の色の一色無地染のきもの。

色紋付・いろもんつき

一・三・五つ紋など家紋を付けた色無地のきもののこと。

祝い着・いわいぎ

 赤ちゃんのお宮参りの時、着用するきもの。

馬乗り袴・うまのりばかま

 馬に乗るときに便利なように仕立ててある袴。

裏打ち・うらうち

 布地の裏に布を張り付けること。

 絞り染の場合は絞りが伸びないように、裏に羽二重を縫い付ける。

裏衿・うらえり

 広衿仕立てのとき、衿の裏面に付けり布。

裏地・うらじ

 衣服の裏に付ける布の総称。

上前・うわまえ

 きものを着て前を合わせた時に、上になる部分。

江戸妻模様・えどづまもよう

 きものの模様付けの一種で、紋付裾模様のこと。

 現在は、留袖の同意語として使われている。

絵羽模様・えばもよう

 模様がきもの全体に絵画的に展開されたもの。

 白生地のまま裁断したものに、絵画のように模様を描く。

衣紋・えもん

 きものの衿を胸で合わせる部分や衿の首の後ろを抜く部分を言う。

衣紋掛け・えもんかけ

 和服用のハンガー

衿芯・えりしん

 ウエイの中に縫い込んで形が崩れないように、芯としていれる布のこと。

大島紬・おおしまつむぎ

鹿児島県奄美大島の名瀬市周辺が産地の、絹平織の高級着尺地のこと。

お太鼓・おたいこ

 普通の帯結びで結びあげた時、背中に出る部分。

お太鼓柄・おたいこがら

 帯の模様付の一種で、背中のお蚕の部分と前同の部分だけに、模様をつけ帯のこと。

お端折り・おはしょり

 御岳より長い部分を同部でたくし上げ、紐で締めて着るが、そのたくし上げた部分のこと。

帯・おび

 きものの胴部にまみつけるものの総称。

帯揚げ・おびあげ

 帯結びに用いる小物で、女帯を結ぶときに、帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る古布のこ と。

帯板・おびいた

 着付けの小物で、帯を締めるとき胴回りにしわができないように、前に挟む厚いボール紙の板状のもの。

帯締め・帯〆・おびしめ

 女帯がほどけないように、帯の上中央に最後に締める紐。

帯芯・おびしん

 帯の形を保持するために、帯の表側と裏側の間に入れる布のこと。

帯解き・おびとき

 子供がはじめて帯を締めるときの祝いの儀式。

帯留・おびどめ

 平の帯〆に通す、装飾的な飾り物。

か~こ

加賀紋7・かがもん

 友禅染による粋な伊達を目的とする彩色紋。

 色付き紋とも呼ばれている。

加賀友禅・かがゆうぜん

 手描友禅の一つで、加賀の金沢でつくられるので、この名がある。

額裏・がくうら

 男物の羽織裏に用いられる、額面のように風景などを染めたり、織り出したまる羽裏。

角帯・かくおび

 幅のせまい、かたい男帯の総称。

角袖・かくそで

 丸みのない四角の袖形の、男物のコート。

掛衿・かけえり

 きものの衿の汚れを防ぐために、あらかじめ本衿の上に掛ける衿のこと。

加工着尺・かこうきじゃく

 染加工をした着尺のことで、丸巻きのままの反物を指す。

重ね衿・かさねえり

 重ね仕立てにした衿のこと。

 今では、後から衿に色々付け変えられるようになった、衿の事を指す。

絣・かすり

 糸の染まった部分と、染まっていない部分とで模様を表す方法。

 あるいは、その織物のこと。

肩揚げ・かたあげ

 肩山を中心に前身頃から後ろ身頃にかけて縫い摘む揚げのこと。

肩当て・かたあて

 単ものなどの衿肩あたりが弱るのを防ぐために、つける力布のこと。  あるいは、単の羽織やコートの肩裏につける、肩すべりのこと。

肩すべり・かたすべり

 単の羽織やコートの肩の部分に当てる布。

型染・かたぞめ

 型紙を用いて染める方法。

家紋・かもん

 その家の由来を示す紋である。

生糸・きいと

 蚕のつくった繭から採った繊維で、未精錬の絹糸のこと。

着尺・きじゃく

 きものを仕立てるための一枚分の布地。  普通、幅37センチ・長さ12.5メートルを一反として織り上げたもの。

着丈・きたけ

 きものの後ろ中央にある衿つけ位置より裾までの丈をさす。

着付け・きつけ

 きものを身に着つけること。

着流し・きながし

 男性の羽織や袴をつけない姿をいう。

絹・きぬ

 蚕のつくる繭から採取した繊維、およびその織物。

九寸帯・きゅうすんおび

 帯幅が鯨尺で九寸(34センチ)、長さが一丈三寸(3メートル90センチ)くらいの、女性の帯地の総称。

京友禅・きょうゆうぜん

 京都で生産される友禅染のこと。

裂・きれ

 織物や反物の断片。

金糸・きんし

 金箔や金色の金属箔を、絹糸や綿糸に巻きつけた糸のこと。また、金箔を細く切断して絹糸などに撚り合わせた糸もこれに含まれる。

巾着・きんちゃく

 口もとに紐を通して縫い絞った形の袋物。

黒留袖・くろとめそで

 地色が黒地の留袖。  黒地に五つ紋を染め抜き、裾模様柄である。  江戸褄ともいう。

黒共帯・くろともおび

 喪服用の女帯。  ほとんどが名古屋帯である。

黒紋付・くろもんつき

 黒無地に紋のついた、きものや羽織のこと。  男子の黒地五つ紋付のきものに羽織 袴は、第一礼装である。

元禄袖・げんろくそで

 袖の袂の丸みを大きくした袖形のこと。

交織・こうしょく

 絹と木綿、絹と化学繊維などを混ぜて織るもの。

石持・こくもち

 紋を後から入れられるように、丸い紋の形を白抜きにして、染め残したものをいう。

腰揚げ・こしあげ

 きものの丈を腰のところで縫い摘んで調整し、着丈を合わせること。

腰紐・こしひも

 きものを着るとき形を整え着くずれしないように、あるいは お端折りをつくるために結ぶ、幅のせまい紐のこと。

コハゼ・こはぜ

 足袋・脚袢などの合わせ目を留めるのに用いる爪型金具。

小袋帯・こぶくろおび

 半幅の袋帯のこと。  普通の帯幅は、鯨尺で八寸(約30センチ)であるが、半幅帯は四寸(約15センチ)である。

駒絽・こまろ

 駒撚り糸をもちいて、絽組織に織った夏物。

子持ち縞・こもちじま

 やや太い縞柄のそばに細い縞を配した縞柄。

小紋・こもん

 現在では、文様の大小にかかわらず、型染め着尺地を総称していう。

さ~そ

佐賀錦・さがにしき

江戸時代に佐賀藩で織られていた、手織りの錦織。

先染め・さきぞめ

織物を織る前に原料糸を、精練・染色してから織ること。あるいは、その織物のこと。

鮫小紋・さめこもん

江戸小紋柄の一つで、鮫のうろこのように、いちめん小さな点で染め抜きした小紋。

更紗・さらさ

南蛮から渡来した模様染めの綿布で、草花模様や幾何学模様を、総柄で捺染したものの総称。

塩沢紬・しおざわつむぎ

新潟県塩沢町付近で生産されている御召風の紬。

塩瀬・しおぜ

塩瀬羽二重の略で、厚地の羽二重のことである。

扱・しごき

扱帯の略で、一幅の布を並幅のまま、縫わずにしごいて締めるのでこの名がある。 江戸時代には抱え帯といい、お端折を止めるために腰に締めていたが、明治以降は腰紐が用いられるようになり、扱は装飾用に変わった。 現在は、花嫁衣裳や七五三の女児の祝い着に用いる。

仕付け・しつけ

本縫いでなく、縫い目や折り目を固定するために、仮にとじたり押さえ縫いをしておくこと。

シボ・しぼ

強撚糸を用いた、織物の布面に現れた、波状のしわのこと。 しぼは、強撚糸の収縮を利用して、製織後にしぼ寄せをすることによってできる。

絞り染・しぼりぞめ

布の一部を糸でくくったり、縫い締めたり、板ではさんだりして防染して染液に浸すと、その部分だけが染まらないので模様として現れる染色技法。

縞・しま

線で構成する模様の総称。

地紋・じもん

紋綸子・紋羽二重・紋縮緬などの、紋織物で織り出された模様のこと。

紗・しゃ

緯糸一本打ち込むごとに、二本の経糸を交差させた織物である。 盛夏用の着尺地・羽尺地として、用いられる。

襦袢・じゅばん

和服用の下着。 長襦袢・半襦袢・肌襦袢などがある。

正絹・しょうけん

まじりけのない絹糸、またはその絹糸で織った織物。

上布・じょうふ

麻織物の名称。 上等の布の意がある。 主に夏季用の着尺地として用いられている。 絹糸でまねて織ったものを、絹上布とよんでいる。

白生地・しろきじ

染色加工をしない、白地のままの織物。

裾回し・すそまわし

袷長着の裾裏布のこと。 八掛ともいう。

裾よけ・すそよけ

腰に巻きつけてまとう、いちばん下に着る下着。 腰巻ともいう。

全通・ぜんつう

帯の柄付けの一種で、帯の端から端まで表面全体に、模様が織り出されている。

総柄・そうがら

生地全体に模様をおり、または染め出されている柄付けのこと。

総絞り・そうしぼり

絞りだけで模様を現したもの。

袖・そで

きものの身頃の左右にあり、そこに通した両袖を覆う部分の名称。

袖丈・そでたけ

袖の長さのこと。 袖山から袖下までの長さをいう。

染帯・そめおび

先染の帯に対して、後染の帯のことをいう。

染替・そめかえ

着古して色が退色したもの、好みや年齢に合わなくなったものを、再利用するために、別の色や柄に染め替えること。 染め直しと同じ。

染着尺・そめきじゃく

織った後に色や模様を染めた着尺地のこと。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • IMG_8208
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
bottom of page