top of page

付け下げの由来


未婚、既婚を問わず着られ、準礼装に近い着物です。 訪問着とほぼ同格のものとされます。 紋が入ればさらに格は上がり、紋が入ると、街着としてはふさわしくありません。 友人の結婚披露宴やパーティー、クラス会や、茶会、他家への訪問、観劇など、正式な場や少しあらたまったお出かけの時に着用します。 お子様の入学式や卒業式にも良いでしょう。 また、柄付けが簡単なものはあまり重たい印象はなく、街着としても装えます。

付け下げは、反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものです。 付け下げと訪問着は見た目はよく似ていますが、もともとは、裁ち目に柄が渡らない柄行だったため、付け下げは訪問着より簡単なものとされていましたが、現在では訪問着とさほど変わらないものもあります。

付け下げの柄付けに付け下げ小紋というものがあります。

小紋柄を染め上げたもので、小紋と付け下げが合わさった感じです。格でいうと小紋と同格になりますので、わりとカジュアルな位置づけですね。 上前のオクミ線で柄をつなげた付け下げを、付け下げ訪問着といいます。訪問着に近い位置づけになります。

← 訪問着


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • IMG_8208
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
bottom of page