top of page

着物、長襦袢の衣替えの時期 [9月]

着物の世界にも、洋服同様に季節によって裏地の付いている袷、裏地の無い単衣、表地自体が薄い薄物(絽、紗など)があります。

まず着物は、 10月から5月までは袷 6月と9月は単衣 7月と8月は薄物です。

ここからがややこしいのですが、長襦袢は着物よりもさらに1ヶ月先取で、 11月から4月までが袷 5月と10月が単衣 6月から9月までが薄物になります。

そして帯が、 10月から5月までは袷物 6月から9月までが夏物 八寸の綴の帯に関しては、太鼓部分を縫い合わせない「単衣かがり」という仕立て方をすると、6月、9月の単衣の時期に締めていただける帯になり、全部縫い合わせると袷用の帯になります。

帯〆、帯揚げは帯と同じ。(帯締めはレースや薄物など夏物以外は一年中使えます) 10月から5月までが袷物

[ 9月 の衣替え]  着物 薄物と単衣。紗は、絽よりも透けるため特に暑い日の日盛りにのみ着ることができます。残暑の残っている初旬は、薄物の絽を着用する。  帯 絽綴が最適。単衣のきものにも絽綴を締めることができます。ただし、 下旬には錦織りや綴帯、紬帯などに変えます。薄物には絽や紗の袋帯を真夏と同じく用いても良い。  小物 帯揚げは絽、帯締めは少し細めの組紐。半衿も絽、長襦袢は絽。草履も夏物でよい。 着物は、九月初旬は絽でも良い、中旬以降は単衣に。長襦袢、半衿は九月いっぱいは絽。(寒くなってきた場合には例外です)帯は絽のきものには絽の帯、単衣のきものには絽綴や錦織の帯を合わせる。 * 着物には、染め(後染め)と(先染め)があります。一般的には、染めが格が高いとされています。 逆に◎ 帯は、織の方が格が上とされています 【 帯の季節と目安 】 帯の季節は、着物にも袷、単衣、夏物とあるように帯にも季節があります。 透けるか透けないかで二つに分かれます。 一般的に着物よりも帯の方が季節を先取りすると良いと言われています。

  • 材質が塩瀬の帯の場合は10月から5月くらいまで。

  • 材質がちりめんの帯の場合は10月から5月くらいまで。

  • 紬の帯は7月8月以外です。

  • 絽は6月から9月くらいまで。

  • 絽つづれ、麻、紗、は7月8月です。

  • 夏紬は6月から9月初旬くらいまでです。

  • 博多帯は一年中ですがカジュアルです。盛夏には(絽、紗)

洋服と比較した表です

些細な愚痴

着物には色々なルールがありますね💛

着物のルールを知ることはとても大切なことです。

でも、そのルールに囚われ過ぎてしまうのもどうでしょうか?

以前、私は9月上旬(第一週)に30度越えの暑さの為、紗の着物に絽の帯をしていました。

帰路に就く帰り道向こうから年配のお着物を着用されたご婦人が此方に向かって歩いてきます。

なんとなく嫌な感じが!すれ違う時そのご婦人から「もう!9月ですよ!」と言って。。。。

私の中にも9月=単衣 と言う頭があり、なんとなく悪いことをしている罪悪感があったので「すみません」とあやまりました。まぁ~見ず知らずの人に言われて謝るのも変ですが。。。

ただ、何も知らなかった私は謝るしかありませんでした。

今は違いますが(笑)

知らないでやるのはいけないけど、知っていてやるのは良い!と最近わたしは言います。

お着物で行く場所、その時の自分の立場など考えどうしても(園遊会に呼ばれた~など)我慢して暑くても袷とか暑くても単衣とかあるかもしれませんが

そうでない限りは最小限のルールだけを守り後はご自分が着心地良くして良いと思います。

私は暑がりなので10月でも絽の長襦袢を着ます。ただし、袖は袷ぽく見せていますが!(笑)

6月から9月までが夏物となります。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • IMG_8208
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
bottom of page